詳しく知りたい!繰り上げ返済

予定よりも多く返済を行う方法

住宅ローンを利用するとき、まずは契約を結びます。固定金利や変動金利の選択をすれば、それ以降はその方法で完済を目指します。固定金利なら毎月の返済額は事前に決まっていますし、変動金利も元本をどれくらい返済するかが決められています。払えない状態になれば金融機関と相談しなければいけません。一方で、ボーナスなど返済資金に余裕ができる時があります。この時に行えるのが繰り上げ返済です。将来支払うお金を早めに支払う方法です。すべての金融機関、商品で行えるわけではありません。また方法も異なり、さらに手数料がかかるときとかからない時があります。手数料がかかるときは、行うと逆に損になるときもあるので十分検討しなければいけません。

期間を短縮するか返済額を減らすか

住宅ローンでは、一度契約するとそれ以降契約内容に従って返済していきます。将来返済が継続できないといけませんから、返済額は比較的余裕のある金額が設定されます。順調に返済が進めば余裕が生まれるケースが多いです。それなら一部を早めに返済したいと思うでしょう。繰り上げ返済はそんな人に便利な仕組みです。繰り上げ返済には大きく2つのパターンがあります。一つは毎月の返済額は同じで返済期間を短縮する方法です。もう一つは返済期間は同じで毎月の返済額を減らします。トータルの返済額を減らせるのは期間短縮型です。毎月の返済額を減らせば、その分生活費に余裕が生まれます。子供の教育費などがかかるようになるなら、減額コースがいいかもしれません。

© Copyright Real Estate & Tax. All Rights Reserved.